2018年4月16日月曜日

StantonBikes Switchback 


うむ。


うむ。



うむ!


震えるカッコよさ!!

自画自賛。  えぇ。  
わかっておりますとも。 勝手に盛り上がってるって事は。 えぇ。
グリップのパープルもちょっとクドいし。。。

ですがですが!

ずっと気になっていて、昨秋から取り扱いさせて頂く事になったStanton。ずっとスイッチバックに乗りたかったんです!
そんなワタシの私情車完成です。
そりゃ完成したら上がるでしょってなわけで。

早くカラッカラな土の上を走りたいですなー。

フレームはスイッチバック16.5ロング。エンドはboostにしてます。

フォークはpike29boost。29だと27.5の3.0まで履ける(ホントに使うかは未定)のと前輪のみ29とかも試してみたかったってのもあるので。
29のpikeboostはストロークが140mmまでしかないので内部部品交換で160mmに。
登りを考えるとそこまで長いサスは要らないかもなんですが。見た目優先。いまいちなら元に戻せばOKなので。
まぁ、この辺はいろいろお勉強出来るかなと。

コンポはスラムGX11s。来年イーグルの予定です。
ブレーキはスラム コード。マッチメーカーにしたくて。
ステムは35mmで頂き物、ハンドルは800mm。
この辺も乗ってみて、煮詰めていこうかと。

シートポストをリバーブの150mmにしたんですが、超ギリギリ(短足)笑 でも、予想以上にカッチリしてていい感じです。

リムはスタンズのバロン、内幅35mmでハブはスラムの900。もちろんトルクキャップで。

タイヤは2.6にしてみました。2.8も使う予定ですが重さ、転がり含めいろいろ試してみます。

実際に山で乗ったらまたレポートします。


あー、カッコいい笑



2018年4月13日金曜日

KBikeService フィッテング

先日、初めてフィッテングを受けてみました。

今までは自己流。なんとなく。です。

パイオニアのペダリングモニターを使用していますが、普段はベクトルも見ず。出力は表示させていますが、効率等もあまり気にしていないとゆう宝の持ち腐れ。。。

と言うのも、自分の中で

効率のいい漕ぎ方=スピード

とは思っていないからです。
ワタシの場合は 楽に速く と考えているので
如何に少ない出力で速度を出せるか。
を考えながらです。

効率のいいペダリング(究極は円の接線の通りに綺麗に360度回す)はワタシにはただただ足にくる漕ぎ方になってしまうのです。

普段のペダリング効率は約30~35%
イメージとしては足の自重を使って、時計で言うと1時~4時過ぎ迄踏む感じで。後はピストで使う言葉ですがバックを踏まないように。引き足と言うより上がってくるペダルの邪魔をしないように。です。

で、ワタシのフィッテングをして頂いたのが

元シマノレーシングの小橋選手。

彼が最近フィッテングサービスを始めたんです。

KBikeService 検索してみて下さい。
Facebook、Lineで連絡が取れるはずです。
店にも名刺がありますので、気になる方は是非!
QRコードがあるので、そこから直接アポ取れます。

本来であればここにリンクを貼るべきなんですが、ワタシそうゆうのが苦手でなんも出来んのです。。。

小橋君、ごめん。。。

で、約2時間みっちり見て頂きました。
サドル高い、ハンドル低い。見栄張ってたのがバレバレ。

残念ながら愛用していた丸ハンは撤去されるという。
徐々に徐々に回しやすくなる足。

フィッテング中はペダリングモニターは見ていませんが、終了後、せっかくなのでベクトルが出る画面に。

かなりの衝撃です。フィッテング前と同じような漕ぎ方 なはずですがなんと効率約50%笑

円を書くようになんて事は全く考えずに です。

まだ実走をしていないので、どれだけ良くなったかわからないんですが、ペダル1回転の中で意識せずに力をかけられる時間が長くなった感じです。
足は回しやすくなり、腹筋にも自然と力が入る感じ。普段あまり使えていないケツの筋肉が張って来ます。

凄いです。

外乗ったらまたレポートします。

お楽しみに!